Commit fdec2a5e authored by daryll's avatar daryll
Browse files

Import XFree 3.9.16

parent 504880db
This diff is collapsed.
This diff is collapsed.
<!doctype linuxdoc system>
<article>
<!-- Title information -->
<title> XFree86 PC98 General Information
<author> The XFree86 Project Inc. / X98 CORE TEAM
<date> 1999年 7月 19日
<sect> はじめに<p>
XFree86は、NEC PC98および互換機で動作するFreeBSD(98)、NetBSD/pc98
(based on NetBSD 1.3.2)以降、PANIX Ver.5.0 for 98、Linux/98をサポートします。
PC98のアーキテクチャはXFree86のソースツリーでサポートされ、その開発とコード
の保守は、The XFree86 Project IncとX98 CORE TEAMが行っています。</p>
<p>PC98用ドキュメントでは、主にPC98特有の事項について説明します。
その他の事については、PC/AT互換機版との共通ドキュメントを参照して下さい。
多くのドキュメントが日本語化されていますので、それらを参照する事を
お勧めします。</p>
<sect>情報源/連絡先<p>
XFree86の総合的なサポートについては、<it/&lt;XFree86@XFree86.Org&gt;/
へ英語でコンタクトして下さい。PC98特有の問題については、日本語で
開発者メーリングリスト<it/&lt;x98@mech.titech.ac.jp&gt;/へコンタクトして
下さい。</p>
<p> 動作報告やバグ情報、パッチなどは無条件に歓迎いたしますので、宜しくお願い
いたします。format は問いませんが、ドキュメントに記述がある内容についての
質問等はご遠慮下さい。</p>
<p>NetNewsのfj.windows.x、fj.os.bsd.*、NIFTY-SERVE(FUNIX, FEPSONX, SAISAP)、
PC-VAN(JUNIX, JSPUNIX)、FreeBSD-users-jp ML、FreeBSD kit ML、FreeBSD98-testers
ML、FreeBSD98-hackers ML、seraphim-bugs ML、seraphim-beta MLで多くの議論、
質疑応答が行われています。PC98についての情報についてはこれらの場で提供
しますので、参加する事をお勧めします。</p>
<sect> PC98固有のドキュメント<p>
<itemize>
<ITEM>README98.1st 概要(このファイル)
<ITEM>README98 PC98に関する説明
<ITEM>XF86Config.98 標準的なPC98用XF86Config
<ITEM>VideoBoard98 対応ビデオボードに関する情報
</itemize>
<sect>クレジット<p>
PC98用コードはThe XFree86 Project Incと以下のX98 CORE TEAM、および
その他の協力者により作成されました。
<p>X98 CORE TEAM
<itemize>
<ITEM>会津 宏幸<it/&lt;aizu@jaist.ac.jp&gt;/
<ITEM>石田 和生<it/&lt;ishidakz@obp.cl.nec.co.jp&gt;/
<ITEM>市川 康浩<it/&lt;cs94006@mbox.sist.ac.jp&gt;/
<ITEM>伊藤 和雄<it/&lt;ft4k-itu@asahi-net.or.jp&gt;/
<ITEM>上野 和紀<it/&lt;jagarl@creator.club.or.jp&gt;/
<ITEM>上野 修一<it/&lt;uenos@ppp.bekkoame.or.jp&gt;/
<ITEM>宇野 和彦<it/&lt;Kazuhiko.Uno@softvision.co.jp&gt;/
<ITEM>浦田 修一郎<it/&lt;s-urata@nmit.tmg.nec.co.jp&gt;/
<ITEM>大石 勲<it/&lt;ohishi@hf.rim.or.jp&gt;/
<ITEM>大石 浩二<it/&lt;atena@njk.co.jp&gt;/
<ITEM>掛札 哲也<it/&lt;kakefuda@tag.iijnet.or.jp&gt;/
<ITEM>加藤 康之<it/&lt;yasuyuki@acaets0.anritsu.co.jp&gt;/
<ITEM>木村 聡<it/&lt;KFB03633@nifty.ne.jp&gt;/
<ITEM>小池 達也<it/&lt;koiket@focus.rim.or.jp&gt;/
<ITEM>H.Komatsuzaki
<ITEM>坂本 崇<it/&lt;sakamoto@yajima.kuis.kyoto-u.ac.jp&gt;/
<ITEM>佐久間 淳<it/&lt;i931361@jks.is.tsukuba.ac.jp&gt;/
<ITEM>神保 道夫<it/&lt;karl@spnet.ne.jp&gt;/
<ITEM>鈴木 孝一郎<it/&lt;s-koichi@nims.nec.co.jp&gt;/
<ITEM>鈴木 知見<it/&lt;suzuki@grelot.elec.ryukoku.ac.jp&gt;/
<ITEM>鈴木 康司<it/&lt;suz@d2.bs1.fc.nec.co.jp&gt;/
<ITEM>滝上 富晴<it/&lt;takigami@elsd.mt.nec.co.jp&gt;/
<ITEM>塚田 剛文<it/&lt;tsuka@linkt.imasy.or.jp&gt;/
<ITEM>永尾 禎啓<it/&lt;nagao@cs.titech.ac.jp&gt;/
<ITEM>野田 稔<it/&lt;mnoda@cv.tottori-u.ac.jp&gt;/
<ITEM>野村 高明<it/&lt;amadeus@yk.rim.or.jp&gt;/
<ITEM>藤浦 豊徳<it/&lt;toyo@ibbsal.or.jp&gt;/
<ITEM>本多 尚文<it/&lt;honda@Kururu.math.hokudai.ac.jp&gt;/
<ITEM>森田 昭夫<it/&lt;amorita@bird.scphys.kyoto-u.ac.jp&gt;/
<ITEM>八色 伸一<it/&lt;QZR00522@nifty.ne.jp&gt;/
<ITEM>八木 俊彦<it/&lt;j2297222@ed.kagu.sut.ac.jp&gt;/
<ITEM>安田 聖<it/&lt;yasuda@cc.hit-u.ac.jp&gt;/
</itemize>
<p>その他の協力者
<itemize>
<ITEM>山本 浩(x98ML旧管理者)
<ITEM>中島 求(x98ML管理者)
<ITEM>吉田 正人(PowerWindow805i対応コード提供)
<ITEM>三浦 敦司(PW928II貸与)
<ITEM>西塚 博文(Linux/98対応)
<ITEM>井伊 亮太(同上)
<ITEM>PC-VAN(JUNIX, JSPUNIX), NIFTY-SERVE(FUNIX, FEPSONX, SAISAP),
fj, x98 ML, FreeBSD-users-jp ML, FreeBSD kit ML, FreeBSD98-testers ML,
FreeBSD98-hackers ML, seraphim-bugs ML, seraphim-beta ML で動作報告
をくださった方々
<ITEM>京大マイコンクラブ
<ITEM>FreeBSD PC98移植チーム
<ITEM>NetBSD/pc98 Core Team
<ITEM>エー・アイ・ソフト株式会社
</itemize>
  
</article>
<!doctype linuxdoc system>
<article>
<title> XFree86 プロジェクト社 著作権表示</title>
<Author> XFree86 プロジェクト社
<trans> 岡本 一幸 Kazuyuki Okamoto &lt;ikko-@pacific.rim.or.jp&gt;
<p>
<sect>XFree86 著作権表示
<p>
著作権が明示されているプログラムを除いて XFree86 のプログラムは次の著作権を
有する:
<p>
Copyright (C) 1994, 1995, 1996 The XFree86 Project, Inc. All Rights Reserved.
無料で、誰もがこのソフトウェアと関連する文書ファイル(以降まとめて
``そふとうぇあ'' と呼ぶ)を入手する事、使用権、複写権、
変更権、併合権、出版権、配付権、再実施許諾権 かつ/または ``そふとうぇあ''
の販売権を含んで制約無しで取り扱う事、``そふとうぇあ'' を制限無しで
供給する人を許可する事、を以下の条件付きで、ここに承認する。
上記の著作権告示とこの認可告示を ``そふとうぇあ'' の全て
または、重要な部分と共に置く事。
如何なる種類、形容、意味でも、商品化の可能性及び、特定の目的かどうか、
非侵害か否かの保証無しに、``そふとうぇあ'' を ``あるがまま''
の形で供給します。要求、損害やその他の責任及び如何なる契約の実行や不正行為、
``そふとうぇあ'' に関連が有っても無くても生じた現象、又は
``そふとうぇあ'' の使用結果や他の取り扱い結果について、どんな些細な
ことでも XFree86 プロジェクトには責任がありません。
この告示に含まれている事を除いて、 ``そふとうぇあ'' を XFree86
プロジェクトの名の下に広告したり、 XFree86 プロジェクト社から以前に発行した
許可書無しに他者が ``そふとうぇあ'' を販売、使用、取り扱いを勧誘する
ことはありません。
<sect>その他の著作権表示<p>
<!--Portions of code are covered by the following copyrights:-->
一部のプログラムは次の著作権を有する:
<sect1>X コンソーシアム
<p>
Copyright (C) 1996 X Consortium
無料で、誰もがこのソフトウェアと関連する文書ファイル(以降まとめて
``そふとうぇあ'' と呼ぶ)を入手する事、使用権、複写権、
変更権、併合権、出版権、配付権、再実施許諾権 かつ/または ``そふとうぇあ''
の販売権を含んで制約無しで取り扱う事、``そふとうぇあ'' を制限無しで
供給する人を許可する事、を次の条件付きで、ここに承認する。
上記の著作権告示とこの認可告示を ``そふとうぇあ'' の全て
または、重要な部分と共に置く事。
如何なる種類、形容、意味でも、商品化の可能性及び、特定の目的かどうか、
非侵害か否かの保証無しに、``そふとうぇあ'' を ``あるがまま''
の形で供給します。要求、損害やその他の責任及び如何なる契約の実行や不正行為、
``そふとうぇあ'' に関連が有っても無くても生じた現象、又は
``そふとうぇあ'' の使用結果や他の取り扱い結果について、どんな些細な
ことでも X コンソーシアム社には責任がありません。
この告示に含まれている事を除いて、 ``そふとうぇあ'' を X コンソーシアム社
の名の下に広告したり、 X コンソーシアム社から以前に発行した
許可書無しに他者が ``そふとうぇあ'' を販売、使用、取り扱いを勧誘する
ことはありません。
X ウィンドウシステム は X コンソーシアム社の商標です。
<!--<sect1>Berkeley-based copyrights:-->
<sect1>Berkeley に基づく著作権:
<p>
<!--<sect2>General-->
<sect2>一般
<p>
<!--Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:-->
再配布と変更のありなしに因らないソースとバイナリの形態での運用を次の
条件付きで許可する:
<enum>
<!--<item>Redistributions of source code must retain the above copyright
notice, this list of conditions and the following disclaimer.-->
<item>ソースの再配布にあたり上記の著作権表示とこの条件文の一覧と以降の
放棄宣言を保持しなければならない。
<!--<item>Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
documentation and/or other materials provided with the distribution.-->
<item>バイナリ形式の再配布にあたり上記の著作権表示とこの条件文の一覧と
以降の文書の放棄宣言及び/または 配布物に付属する文書を転載しなければなら
ない。
<!--<item>The name of the author may not be used to endorse or promote products
derived from this software without specific prior written permission.-->
<item>著作者の名前は明確に以前に発行した許可書無しにこのそふとうぇあから
派生したものを裏書きしたり促進するものではありません。
</enum>
<!-- THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR
IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES
OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.
IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT,
INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT
NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE,
DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY
THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.-->
如何なる形容、意味でも、商品化の可能性を制限せず及び、特定の目的に適合するか
どうか
の保証を放棄して、``そふとうぇあ'' を ``あるがまま'' の形で著作者が供給します。
直接的、間接的、故意、特別、模範的、必然的損害(制限のない代替物やサービス、
可用性の低下やデータや利益の損失または営業妨害を含む)が生じても、
その他の責任及び如何なる契約の実行、完全な債務や不正行為(不注意による事故等
を含む)、
仮に損害の可能性があっても``そふとうぇあ'' の使用結果について、著作者には責任が
ありません。
<sect2>UCB/LBL
<p>
Copyright (c) 1993
The Regents of the University of California. All rights reserved.
<!-- This software was developed by the Computer Systems Engineering group
at Lawrence Berkeley Laboratory under DARPA contract BG 91-66 and
contributed to Berkeley.-->
このソフトウェアは DARPA 契約番号 BG 91-66 に基づき
Lawrence Berkeley Laboratory の Computer Systems Engineering グループが
開発し Berkeley に寄付しました。
<!-- All advertising materials mentioning features or use of this software
must display the following acknowledgement:
This product includes software developed by the University of
California, Lawrence Berkeley Laboratory.-->
特徴を述べている全ての宣伝材料とこのソフトウェアを使うと必ず次の謝意のメッセ
ージを
表示します。
This product includes software developed by the University of
California, Lawrence Berkeley Laboratory.
<!-- Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:-->
変更の有無にかかわらず再配布とソースとバイナリ形式の利用を次の条件に従って
認める:
<enum>
<!--<item>Redistributions of source code must retain the above copyright
notice, this list of conditions and the following disclaimer.-->
<item>ソースプログラムの再配布は上記の著作権表示とこの条件一覧と次の放棄宣言を
必ず保持すること。
<!--<item>Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
documentation and/or other materials provided with the distribution.-->
<item>バイナリ形式の再配布は上記の著作権表示とこの条件一覧と
次の放棄宣言を必ず文書として保持するか又は配布物に含めて提供すること。
<!--<item>All advertising materials mentioning features or use of this software
must display the following acknowledgement:-->
<item>特徴を述べている全ての宣伝材料とこのソフトウェアを使うと必ず次の
謝意のメッセージを表示します。
This product includes software developed by the University of
California, Berkeley and its contributors.
<!--<item>Neither the name of the University nor the names of its contributors
may be used to endorse or promote products derived from this software
without specific prior written permission.-->
<item>大学の名前や寄付者の名前のどちらもこのソフトウェアから
明確な以前に発行した許可書無しに派生したものを裏書きしたり促進するものではあ
りません。
</enum>
<!-- THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE REGENTS AND CONTRIBUTORS ``AS IS'' AND
ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE REGENTS OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.-->
如何なる形容、意味でも、商品化の可能性を制限せず及び、特定の目的に適合するか
どうか
の保証を放棄して、``そふとうぇあ'' を ``あるがまま'' の形で著作者が供給します。
直接的、間接的、故意、特別、模範的、必然的損害(制限のない代替物やサービス、
可用性の低下やデータや利益の損失または営業妨害を含む)が生じても、
その他の責任及び如何なる契約の実行、完全な債務や不正行為(不注意による事故等
を含む)、
仮に損害の可能性があっても``そふとうぇあ'' の使用結果について、著作者には責任が
ありません。
<sect1>NVidia Corp
<sect1>NVidia 社
<p>
Copyright (c) 1996 NVIDIA, Corp. All rights reserved.
<!-- NOTICE TO USER: The source code is copyrighted under U.S. and
international laws. NVIDIA, Corp. of Sunnyvale, California owns
the copyright and as design patents pending on the design and
interface of the NV chips. Users and possessors of this source
code are hereby granted a nonexclusive, royalty-free copyright
and design patent license to use this code in individual and
commercial software.-->
使用者への注意: ソースプログラムはアメリカの法律と国際法で著作権が保護
されています。California 州、Sunnyvale にある NVIDIA 社が著作権を
保有していて NV チップの設計とインタフェースの設計特許を保有しています。
このソースプログラムの使用者と所有者はそのままでは実行できなく、
個人用と商用ソフトウェアでは使用料のいらない著作権と特許権を持っています。
<!-- Any use of this source code must include, in the user documentation
and internal comments to the code, notices to the end user
as follows:-->
このソースプログラムを如何なる形態で使うとしてもユーザ用文書とプログラム
内部のコメントとエンドユーザ用文書に次の文が含まれている必要があります。
Copyright (c) 1996 NVIDIA, Corp. NVIDIA design patents pending
in the U.S. and foreign countries.
<!-- NVIDIA, CORP. MAKES NO REPRESENTATION ABOUT THE SUITABILITY OF
THIS SOURCE CODE FOR ANY PURPOSE. IT IS PROVIDED "AS IS" WITHOUT
EXPRESS OR IMPLIED WARRANTY OF ANY KIND. NVIDIA, CORP. DISCLAIMS
ALL WARRANTIES WITH REGARD TO THIS SOURCE CODE, INCLUDING ALL
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A
PARTICULAR PURPOSE. IN NO EVENT SHALL NVIDIA, CORP. BE LIABLE
FOR ANY SPECIAL, INDIRECT, INCIDENTAL, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES,
OR ANY DAMAGES WHATSOEVER RESULTING FROM LOSS OF USE, DATA OR
PROFITS, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, NEGLIGENCE OR OTHER
TORTIOUS ACTION, ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE USE OR
PERFORMANCE OF THIS SOURCE CODE.-->
NVIDIA 社 は如何なる目的に適合するかについて責任がありません。如何なる形容や
意味でも保証なしに ``あるがまま'' 供給します。NVIDIA 社 は全ての商品化の
可能性
及び、特定の目的に適合するかどうかの保証を放棄します。NVIDIA 社 は特別、
間接的、偶発的、必然的損害、たとえどのような可用性の低下やデータや利益の損失
があっても、また営業活動や不注意による事故または不正行為、このソースプロ
グラム
の利用や性能について直接関係あってもなくても生じた事象について責任はあり
ません。
<verb>
$XFree86: xc/programs/Xserver/hw/xfree86/doc/Japanese/sgml/CPYRIGHT.sgml,v 3.2 1997/01/26 04:34:15 dawes Exp $
</verb>
<hrule>
このファイルは xc/programs/Xserver/hw/xfree86/doc/sgml/CPYRIGHT.sgml,v 3.6 1
996/10/10 14:03:59 を、岡本 一幸
( Kazuyuki Okamoto <url url="mailto:ikko-@pacific.rim.or.jp"
name="&lt;ikko-@pacific.rim.or.jp&gt;"> ) が XFree86 3.2 を
日本でインストールする人向けに和訳したものです。ここがおかしいとか、
ここはこうしたほうがいいといったご意見がありましたら、電子メールで
お知らせ下さい。
原文の著作権は XFree86 プロジェクト社にあります。この和訳の著作権は
XFree86 プロジェクト社と岡本 一幸にありますが、この和訳の不具合は私に、
電子メールで送って下さい。
<verb>
Copyright (C) 1995, Kazuyuki (ikko-) Okamoto. All Rights Reserved.
</verb>
<hrule>
&lsqb;EOF&rsqb;
</article>
This diff is collapsed.
<!doctype linuxdoc system>
<article>
<!-- Title information -->
<title> XFree86 の文書一覧
<author> XFree86 プロジェクト 社
<date> 1996 年 10 月 23 日
<trans> 岡本 一幸 Kazuyuki Okamoto &lt;ikko-@pacific.rim.or.jp&gt;
<sect> 利用可能な文書 <p>
<itemize>
<item> <htmlurl name="XFree86&tm; 3.2 リリースノート"
url="RELNOTE.html">
<item> <htmlurl name="XFree86&tm; 3.2 のための README"
url="README.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 プロジェクト社 著作権表示"
url="CPYRIGHT.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 のを手早くはじめる為の手引き"
url="QStart.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 の XInput 機能拡張"
url="xinput.html">
<!--
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.1.2 on BSD/OS 2.0"
url="Bsdi.html">
-->
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.2 on FreeBSD 2.1.5"
url="FreeBSD.html">
<item> <htmlurl name="Information for ISC Users"
url="isc.html">
<item> <htmlurl name="Linux を使用している人のための情報"
url="Linux.html">
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.2 on LynxOS"
url="LynxOS.html">
<!--
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.2 on Mach"
url="Mach.html">
-->
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.2 on NetBSD and OpenBSD"
url="NetBSD.html">
<item> <htmlurl name="README for XFree86 3.2 on OS/2"
url="OS2.html">
<item> <htmlurl name="Notes on Rebuilding XFree86/OS2 from Scratch"
url="OS2note.html">
<item> <htmlurl name="Information for SCO Users"
url="SCO.html">
<item> <htmlurl name="Information for Solaris for x86 Users"
url="SOLX86.html">
<item> <htmlurl name="Information for SVR4 Users"
url="SVR4.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 の設定について"
url="Config.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 3.2 インストールガイド"
url="INSTALL.html">
<!--
<item> <htmlurl name="X386/XFree86 のビデオ情報調整を自分で行なうための手引き"
url="VidModes.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 3.2 リンクキットの Readme"
url="LinkKit.html">
-->
<item> <htmlurl name="XFree86 へ (S)VGA ドライバを追加する方法"
url="VGADriv.html">
<item> <htmlurl name="Information for using/developing external clock setting programs"
url="clkprog.html">
<item> <htmlurl name="Notes on the AGX Server"
url="agx.html">
<item> <htmlurl name="Information for ARK Logic Chipset Users"
url="ark.html">
<item> <htmlurl name="ATI ボードの README"
url="ati.html">
<item> <htmlurl name="Cirrus チップセットユーザのための情報"
url="cirrus.html">
<item> <htmlurl name="Mach64 X サーバー での注意事項"
url="Mach64.html">
<item> <htmlurl name="Information for Matrox Millennium Users"
url="MGA.html">
<item> <htmlurl name="Information for NVidia NV1 / SGS-Thomson Users"
url="NV1.html">
<item> <htmlurl name="Information for Oak Technologies Inc. Chipset Users"
url="Oak.html">
<item> <htmlurl name="XFree86 3.2 P9000 Server Release Notes"
url="P9000.html">
<item> <htmlurl name="S3 チップセット使用者のための情報"
url="S3.html">
<item> <htmlurl name="Information for S3 ViRGE and ViRGE/VX Users"
url="S3V.html">
<item> <htmlurl name="Information for Trident Chipset Users"
url="trident.html">
<item> <htmlurl name="Information for Tseng Chipset Users"
url="tseng.html">
<item> <htmlurl name="README.VIDEO7"
url="Video7.html">
<item> <htmlurl name="Information for ET4000/W32 and ET6000 Chipset Users"
url="W32.html">
<item> <htmlurl name="Information for Western Digital Chipset Users"
url="WstDig.html">
</itemize>
<verb>
$XFree86: xc/programs/Xserver/hw/xfree86/doc/Japanese/sgml/DocIndex.sgml,v 3.2 1997/01/26 04:34:17 dawes Exp $
</verb>
<hrule>
このファイルは xc/programs/Xserver/hw/xfree86/doc/sgml/DocIndex.sgml,v 3.18 1996/10/23 13:09:53 を、岡本 一幸
( Kazuyuki Okamoto <url url="mailto:ikko-@pacific.rim.or.jp"
name="&lt;ikko-@pacific.rim.or.jp&gt;"> ) が XFree86 3.2 を
日本でインストールする人向けに和訳したものです。ここがおかしいとか、
ここはこうしたほうがいいといったご意見がありましたら、電子メールで
お知らせ下さい。
原文の著作権は XFree86 プロジェクト社にあります。この和訳の著作権は
XFree86 プロジェクト社と岡本 一幸にありますが、この和訳の不具合は私に、
電子メールで送って下さい。
<hrule>
&lsqb;EOF&rsqb;
</article>
This diff is collapsed.
<!doctype linuxdoc system>
<article>
<title>XFree86 3.2 インストールガイド
<author>David Dawes
<Date>1996 年 10 月 24 日
<trans> 岡本 一幸 Kazuyuki Okamoto &lt;ikko-@pacific.rim.or.jp&gt;
<abstract>
この文書では<bf>ソース</bf>配布物からどのように XFree86 を構築するかを説明して
います。配布物の全てのソースから構築する場合と同様に、X サーバー
だけを構築するための切り詰めたソースから構築する
場合も説明しています。各々の OS に依存した README ファイルと関連させて
使用するように構想しています。この文書では 導入方法やバイナリ配布物の
更新方法については説明していません。これらの情報は
<htmlurl name=RELNOTES url=RELNOTE.html>, 各々の OS に依存した
README ファイル又は色々なバイナリ配布物に添付してある別文書に記載して
います。
</abstract>
<toc>
<sect>ソース配布物からの XFree86 の作成
<p>
<quote>
<bf/注意:/ XFree86 を作成しようとする前に特定の OS 固有の README ファ
イルを参照して下さい。これらのファイルには個々の OS の環境の下でうまく
XFree86 を作成するのに必要な追加情報が含まれています。
</quote>
GCC-2 を使って XFree86 を作成する事を強くお勧めします。バージョン
2.6.0 又は 2.4.x 等 2.4.5 以前の物はバグのため作成や実行が失敗するので
使用しないで下さい。
GCC の -m486 オプションを
使えば、486 で約 5% 性能を向上させることができるでしょう。より大きな
バイナリは別として、386 でも性能は悪くはなりません。( gcc-2 は
prep.ai.mit.edu と他の GNU ソースを置いているサイトにあります。)
<enum>
<item>次の物が必要です:
<itemize>
<item> fix 01 のパッチを当てた X コンソーシアム X11R6.1 の配付物。
<item> <tt/R6.1pl1-3.2.diff.gz/, <tt/cfont32.tgz/
<item> 追加として X コンソーシアムの X11R6.1 寄贈 配布物。
<item> <tt/contrib-3.2.diff.gz/ (いくつかの X コンソーシア
ムの ``寄贈'' 配付物への追加パッチ)
<item> XFree86 X サーバーだけを構築したい場合は、X32servonly.tgz だ
けが必要で、これは ``ServersOnly'' というソース配布物を切り詰
めたものと同じものです。
<item> 全ての XFree86 ソースから作成すると約130MB の空きディスク容量
が必要です。全部作成するには( OS の共用ライブラリを使用しな
い時)130MB 追加容量が必要です。全ての配付物を導入するには
(共用ライブラリを使用した場合)約 55 から 65MBの空きディスク
容量が必要です。作成作業に重要でない部分を削除することで、そ
れぞれ次のディスク容量を削減出来ます。:
<tscreen><verb>
xc/test 16MB
xc/doc/hardcopy 11MB
xc/doc/specs 27MB
</verb></tscreen>
フォントを作成する必要がない時は、<tt>xc/fonts</tt> を削除する
ことで 30MB 節約できます。PEX 又は XIE を作成したくない時は、
それらを削除することで、それぞれ次のディスク容量を削減出来ます。:
<tscreen><verb>
xc/programs/Xserver/XIE 3MB
xc/programs/Xserver/PEX5 2MB
</verb></tscreen>
<tt>xc/programs/Xserver/hw/</tt>の下の XFree86 以外のディレクトリを削除
すれば、もう数 MB 開放出来ます。
<item> XFree86 サーバーの作成に限った場合、切り詰めたソースツリーを
構成することが出来ます。このソースツリーを作成するには 50 から 55MB
のディスクに空きが必要です。
<item> <tt/contrib-3.2.diff.gz/ のパッチファイルは
X コンソーシアム
の R6.1 寄贈配付物のごく一部へのパッチを提供します。
このパッチファイルを適用すると、次の X コンソーシ
アムの寄贈版の最新版のファイ
ル/ディレクトリが必要になります。:
<tscreen><verb>
contrib/Imakefile
contrib/programs/Imakefile
contrib/programs/ico
contrib/programs/listres
contrib/programs/showfont
contrib/programs/viewres
contrib/programs/xbiff
contrib/programs/xcalc
contrib/programs/xditview
contrib/programs/xedit
contrib/programs/xev
contrib/programs/xeyes
contrib/programs/xfontsel
contrib/programs/xgc
contrib/programs/xload
contrib/programs/xman
contrib/programs/xmessage
</verb></tscreen>
</itemize>
<item> 標準的な X コンソーシアム R6.1 のパッチレベル 1 のソース配付物から始め
る場合は、 <tt/xc/ ディレクトリに移動して次のコマンドを実行して下さい。: